車いすの少女クララ

2018年06月25日




アルプスの少女ハイジに出てくる

車いすの少女クララ



クララは、本当は歩けるのにずっと歩けないままでした


何故クララは歩けなくなってしまったのでしょうか

そこには、とても悲しいエピソードがありました




アニメでは

クララの母親は幼い頃に亡くなっており

父親は仕事でいつも不在という設定のようですが

原作では、クララの両親は離婚しています



母親が家を出ていく時に

クララは母親を必死で追いかけるのですが転んでしまい

母親は振り返ることもなくクララを置いて行ってしまうのです


それ以来、クララは歩けなくなってしまいました




本当は歩けるのに歩けないクララは

転換性障害という心の病気だったという説があります


母親に見捨てられたという強い心理的ストレスから

歩けない自分でいることで

周りに気にかけてもらえて見捨てられることはない

無意識にそう思い込んだ


これ以上、心を壊されないために 


「疾病利得」という言葉があるのですが

クララにとっては

歩けないことで得るメリットがあった




うう、、、泣きそう。。





さて、


ハイジと出会い、アルムにやって来たクララは

ハイジと一緒に立つ練習をするのですが

何度やっても上手くいきません


そんなある時

弱音を吐いたクララに、ハイジがキレてしまいます



クララのバカっ!

何よ意気地なしっ!

一人で立てないのを足のせいにして、足はちゃんと治ってるわ!

クララの甘えん坊!

怖がり!意気地なし!

どうしてできないのよ

そんなことじゃ一生立てないわっ!

それでもいいの?

クララの意気地なし!

あたしもう知らない!

クララなんかもう知らない!



有名なシーンです



クララはとてもショックだったでしょう

大好きなハイジに「見捨てられる」ピンチですから



クララは

ハイジの名前を叫びながら・・思わず立っていました


泣きながら駆け寄るハイジ


とても感動的です




実は、この名シーンの前に

近づいてきた牛に驚いてクララが立つ場面があります



歩けるようになるかもしれない・・希望と不安

クララの立つ姿を早く見たい一心のハイジ

期待に応えられず自分を責めてしまうクララ

そんなクララを優しく支えるおんじ



おんじはずっと

クララは歩けるようになると信じていました

自分のチカラで乗り越えてくれると



この関わり方、とても勉強になります





クララが歩けない理由に

ビタミンD欠乏症だったという説もあります



大都会で暮らしていたクララが

アルムの自然に囲まれ太陽をいっぱい浴びて

歩けるようになったという説です




いづれにしても

おんじ、ハイジ、ペーターの愛あるサポートがあったからこそ

クララは頑張り抜くことができたのでしょう





アルプスの少女ハイジには

現代社会を生き抜くヒントがあるように思います



ストレスが身体に影響すること

無意識に刷り込まれた思いこみ

環境・周りの人達などサポート資源の大切さ



そして・・・希望と勇気



改めて考えさせられるお話です





その後クララは

フランクフルトに帰っちゃったけど


きっと・・


またハイジに会える日を楽しみに

元気に頑張っていることでしょう


大塚 恵久