起こるべくして起こる

2020年10月26日

7月にぎっくり腰をした


そこから一気に体調を崩し

普段の生活も仕事もままならない状態になり

心まで病みがちになっていった


健康には自信があったのに


しばらく杖を使って歩いていたら

普段は気にもしないことに気づいた


駅のエレベーターの有難さ

信号を渡り切れなくても待ってくれるドライバーさん

共に働く同僚や上司の気遣い


あの頃

私は不平不満でいっぱいで

ないものばかりに目を向けていた


今あるものに感謝もせず


まさか自分が

こんなに身体も心も

ガタガタになるとは思いもしなかった


過ちに気づきなさい

大切なことに気づきなさい

ということだ


まだ全快とは言えないけれど・・今は

毎朝、身体が動くことに感謝し

仕事に行けることに感謝し

共に働く仲間や上司に感謝し

一日無事に過ごせたことに感謝し

当たり前と思っていたことに感謝している


今あるものに目を向け

感謝できるようになった


生きていると色んなことがあって

いい日もあれば悪い日もあるけど

起こるべくして起こるというか

何かに気づかせるためなんだよね


大塚 恵久