映画『新聞記者』

2020年04月27日

若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクション


フィクションなのだけど・・・

現実の政治がらみの問題を想起させる映画


真っ向から国という権力に踏み込んだ作品であるがゆえ

キャスティングが大変だったのもうなずける


映画のラスト

解釈は観る側に委ねられていて

想像するしかないのだけど

なんとも胃が痛い感じ


でも、もう1回観たい・・・みたいな


何が真実で

何に踊らされているのか

とても考えさせられる


個人的には

よくぞ作ってくれた!と思いました

おススメです


大塚 恵久